phpプログラマーならではの苦労

phpはweb上の開発においては主軸を担っているプログラミング言語である。
その需要は高く、多くのプログラマーが求められている。その上、この言語には 初心者でも習得しやすいという特徴があるのだ。したがって、未経験者が手っ取り早くプログラマーを目指すにはもってこいの言語だといえるだろう。
実際に、そうしてIT業界に身を投じた者も少なくない。

しかし、このphpにも難点はあり、そのことから後々苦労する者が出てくる事実も留意しておく必要があるだろう。
この言語が習得しやすい理由のひとつに、比較的短いコードでも動かせ、文法に関しても厳密さを要求されないことが挙げられるが、逆にそれがスキルを磨く妨げになっている。
適当にやっても動かせてしまうので、いつの間にか適当なコードしか書けなくなってしまったという弊害に陥りやすいのだ。
そのため、phpしか扱えないプログラマーはあまり評価されない傾向がある。

さらに、この言語は、現在は多くの需要があるが、webに特化した言語であるので汎用性は決して高いとは言えないのだ。
そのため、将来の需要に対しては不安が残る面があるのは事実だろう。
したがって、最初に学ぶ言語として選ぶのは別段問題はないが、ひと通り学習が終わったのであれば、すぐに次のプログラミング言語を学ぶことを考えたほうがよい。そうして複数の言語を使いこなすことができるようになれば企業からの評価もずっと高いものになるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*