phpプログラマーのネット開発のギャップ

普段からインターネットサービスを利用している人にとって、ネットサービスは身近に感じることができる。
使い慣れたネットサービスは、簡単に開発されているように思える。
しかし実際には、想像と開発現場の間に大きなギャップがある。

ネットサービス開発に関わるケースが多いphpプログラマーも、いざ開発の仕事に関わってみると、理想と現実との間にあるギャップに直面することがよくある。ネットサービスでは、多様なユーザーが利用することを想定しなければならない。入力を受け付けるプログラムである場合には、ユーザーからの反応で考えられるあらゆることを想定して、対処できるプログラミングを行う必要がある。
もしプログラマーの想定外の出来事が起これば、ネットサービスのシステムに思わぬ問題をもたらす可能性がある。そのため、phpでネットサービスの開発を行う場合にも、開発のための十分な時間をかけ、繰り返してテストを行っている。

また、問題がある場合には、すぐに原因を突きとめて解消しなければならない。
ネットサービスの開発現場は、トライアンドエラーで開発を進めている。華やかに見えるネットサービスの開発の裏側には、エンジニアたちの地道な活動がある。こうしたギャップを乗り越えて、ネットサービス開発に魅力を感じることができるプログラマーは、phpスクリプトなどの開発技術を活かして、ネットでの新しいサービス開発業務が続けられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*